高校中退のすべて:高校中退からの進路・転入学、編入学

転編入先輩からのメッセージ
【通信制高校 相談ルーム(無料)】
通信制高校相談ルーム(無料、東京・市ヶ谷にて)ページへのリンク
おすすめの転編入受け入れ高等学校
生徒の個性を伸ばし自立できる教育理念に基づいて、入学後、独自のスタイル制を実施。
ZEST=生きる力があふれる人間を育てる──それが日出の“面倒見教育”です。
進学するための通信制として、駿台グループのノウハウをフル活用。
本校はオリジナルコース・スタンダードコース・選科に分かれています。
新入生の不安や悩みを“同じ経験を持つ”優しい先輩たち(スマイルサポーター)が解消。
通信制高校・サポート校 合同相談会|不登校、高校中退をプラスにする学校相談会

この学校の2年間で進路も自分自身も
軌道修正できた

中央高等学院卒業生

 順調に行けば中学から大学まで進める私立校に入学しながら、成績不振による留年という現実に直面した高校1年の冬。心配する両親にこれ以上の迷惑はかけられないと、高校を3年で卒業して大学に進学する道を探し始めたOさんが出会ったのが、中央高等学院でした。

高1の終わりに留年決定悩んだ末、踏み出した1歩

 中学受験で大学までエスカレーター式の私立校に入学したんですが、高校に入ってから勉強についていけなくなり、あっという間に成績が下がって、高1の終わりに留年が決定してしまいました。陸上部と美術部と2つの部活をかけもちしていて、部活はとても充実していたんですが、家に帰ると疲れて勉強する気になれず、ずるずると流されていったんですね。

 担任の先生に相談したら、いろいろなタイプの高校があることを教えてくれました。こんなにいろいろな選択肢があるなんて知らなかったので、ぱっと目の前が開けた感じでした。両親と一緒にインタ−ネットで調べて、最終的に中央高等学院に決めました。選んだ理由は、家から近いということもあったんですが、大学入試コースがあって、僕の希望が実現できそうだと思ったからです。

 学校には両親と一緒に見学に来ました。そのときの先生方の雰囲気もよくて、ここにしようと決めました。

将来の夢がはっきりして受験に向けてまっしぐら

 授業は、やりたいときにやりたい勉強をすればいい、休みたいときは休んでいいという考え方なので、強制的でないところが自分には合っていました。でも結果的には毎日通っていましたね。友達と会えるのも楽しみだったし。

 少人数だから、授業中でもわからないことはすぐその場で先生に質問できる雰囲気でした。そんな風にして好きな教科について好きなだけ勉強するうちに、どの教科も面白くなってきたんです。

 先生もみんな個性的で、授業の中で話してくれることも楽しくて、自分から進んでやるようになりました。

バイトに遊びに勉強に大忙しの大学生活

 いま勉強しているのは、建築の中でも「海洋建築」という分野で、主に埋立地に建築物を建てる方法について学んでいます。もうすぐテストなので、実はちょっとあせっています。

 これから4年間学ぶ中で、また違った夢を持つようになるかもしれませんが、自分のやり方でベストを尽くした中央高等学院での2年間が、どんな方向に向かっても、がんばれる自信をつけてくれました。

《中央高等学院の学校紹介ページはこちら》