高卒認定のすべて

先輩からのメッセージ

【通信制高校 相談ルーム(無料)】
通信制高校相談ルーム(無料、東京・市ヶ谷にて)ページへのリンク
高認予備校 PickUP!
一人ひとりの様々な状況を考え、テーマ別講座をはじめ多彩な講座を設置しています。
高卒認定試験予備校、大学受験の総合予備校として、抜群の進学率を誇っています。
不登校期間があり学習の遅れがあっても、大学進学などを諦める必要はありません。
生徒一人ひとりの個性と能力、ライフスタイルを尊重し、表現力豊かな魅力ある人材育成。
高認コースは、短期集中コースも開設しています。
通信制高校・サポート校 合同相談会|不登校、高校中退をプラスにする学校相談会

悩んでいる人には、高校に行くだけじゃなくて
「こういう道もあるよ」と教えてあげたいですね

J-Web School卒業生
桐原康知さん 22歳(志学館大学 法学部 3年生)

 高校での生活のリズムに慣れず、中退してしまった桐原さん。しかしJ-Web Schoolで学んで高認合格。その後見事に大学進学を果たし、今は就職に向けて頑張っています。

「これは絶対合格しないと」、という決意で続けました

―高卒認定試験を受けようと思われたきっかけは?

 高校も1年までは行っていたんですけど、中退して、そのあと何もやってない時期があったんですけど、このままでは中卒になってしまうので、就職もできないからどうしようかなとか考えていて。そこで父がいろいろ調べてくれて、J-Web Schoolのことを教えてくれて。高卒認定というか大検というものがあるということは中学の頃から知っていましたし、高校に行きなおすというのも嫌だったので、J-Web Schoolなら自宅で勉強できるので、受けてみようかなと思って、高認合格を目指してみることにしました。

―高校を中退された理由は?

 中学校の時は朝7時くらいに起きていたんですよ。高校になると学校が家からけっこう遠くにあって、一時間以上かかるところにあったんですよ。それで朝補習とかもありまして、5時とかに起きなければならなくて、体調を崩したりしてしまって、休みがちになってしまって、行き辛くなったじゃないですけど、行かなくなってしまったのがきつくて。環境が変わって生活のリズムに慣れられなかった。高校に在籍していたのは1年の最後までなんですけど、2学期の途中くらいから行かなくなった感じでした。

―インターネットを使っての勉強はいかがでした?

 最初はどうやってやるんだろうと全然わからない感じだったんですが、実際やってみたらわかりましたけど。1回受けたら、やり方とか、こんな感じでやるんだということがわかりました。

―自宅で自分で勉強するということでの苦労は?

 そうですね、ちょっとやらない時とかもあってですね、やる時はやりますが、やらないときは怠けてしまうような時もありましたね。実際に学校に行くわけでなくて、自分の自宅で勉強しますので、勉強すればした分だけ成果は出ると思うんですけど、私の場合、ちょっと怠けたりする時もあって。そういう意味では継続することが辛かったというか難しかったです。

―それでも勉強を続けられた理由は?

 高校も中退してJ-Web Schoolに入学させていただいたので、もしここも続けられないとなったら、高校もやめて、J-Web Schoolも高校の二の舞になると思ったので、だから止められないみたいな気持ちがあって、「これは絶対合格しないと」、という決意で続けました。

大学を受ける資格を取ったことが
かなり嬉しかった

―苦手な科目とか苦労したことは?

 最後まで受かるのに苦労したのは数学と英語です。8月と11月に試験がありますが、最初の8月で数学以外は合格して、11月には数学だけだったんですけど、それを落としてしまいまして。そうしたら次の年からちょうど大検から高認に変わって英語が必修になったので、数学と英語2科目を受けないといけなくなってしまって。次の年の8月にやっと両方合格したんです。自分がちゃんと勉強して前の年に数学を合格していれば英語まで受ける必要はなかったので、その時は後悔しましたね。

―苦手な科目の克服法は?

 とにかく問題を解いたり、生講義を受けたり、そんな感じでしたね。生講義というのはイヤホンとかマイクとかがあって、先生の声が聞こえて、教えていただいたり、質問できたりするんです。最初の数学を落とした年は生講義を受けてなかったんですが、次の年に毎日数学と英語を受けて、そうしたらすごく分かりやすくて、おかげで本試験ではすらすら解けたという感じです。生講義と、あとわからないことがあったら積極的に先生方に質問して克服したと思います。

―合格した時の気持ちは?

 高校中退した時は大分落ち込んだりしていたんですけど、大学を受ける権利というか資格を取ったということで、かなり嬉しかったですね。

テレビで法律の番組を見ていて
面白いんじゃないかと思った

―大学の受験勉強はどうされました?

 高認の勉強している頃から大学を目指していたので、8月に高認を合格して即、大学の勉強を始めた感じですね。自分の受験する大学のことについていろいろ調べて、センター試験を受験するので、自分の受ける大学に必要な科目の勉強を主に頑張りました。受験勉強は問題集とかを独学でやっていました。私が受験する学校自体がそんなにレベルが高くない感じだったので、独学でやればいいという感じでした。

―今の大学や学部を選んだ理由は?

 何学部に行きたいとか何になりたいとか、今もそうなんですけど、あまり決まっていなかったので、どうしようかなとか思ったんですけど、テレビとかで法律の番組とか見たりしていて、法律は面白いんじゃないかと思ったというのと、大学のホームページを見ていて、国家資格とかを頑張れば取れると書いてあったので、目指してみれば面白いかなと思ったのが理由ですね。あと自宅から通えるので。

―大学ではどんな勉強をしていますか?

 私は法律学科ですので、六法と言われる憲法、民法、刑法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法とかを主に勉強しているんですけど、その他にも政治学とか、経済とか、そういう分野も勉強しています。授業とは別に、行政書士や宅建などの国家資格を目指す人のための勉強サークルがあるので、こちらに私も参加して勉強しています。

―将来の夢としては?

 資格試験を受けるので、受かればいいんですが、受からなくても一般企業に行きたいです。まだどういった企業がいいかとかは決まってないです。3年生で今度後期なので、そろそろ具体的に就職活動を始めようと思っています。

―高卒認定試験を振り返ってみてどうでした?

 高校を辞めたりして悩んでいる人には、高校に行くだけじゃなくてこういう道もあるよと教えてあげたいですね。高校中退したとしても、頑張れば、高認に合格できるし、大学にも行ける。高認に合格したことでかなり自信になりました。J-Web Schoolの授業を受けて、すごい良かったと思うし、スタッフの方々にもすごく感謝しています。