サポート校のすべて:入学、進路、学費、学び方、相談

サポート校とは
【通信制高校 相談ルーム(無料)】
通信制高校相談ルーム(無料、東京・市ヶ谷にて)ページへのリンク
おすすめのサポート校
週5・2・1日の通学日数を選べます。2日コースではデイタイムとレイトタイムから選択。
大学進学を目的とした個別指導型サポート校です。
通信制高校・サポート校 合同相談会|不登校、高校中退をプラスにする学校相談会

入学から高校卒業までより確実に“サポート”します

 サポート校(「通信制高校サポート校」とも呼ばれます)は、通信制高校に在籍する生徒が通信制高校を3年間で確実に卒業できるように学習や生活面で支援する民間の教育機関です。
 少人数指導、個別カウンセリング、体験学習を重視したプログラムなどを通じて生徒に達成感を持たせながら同時に高校卒業資格を確実に手に入れるためのレポート指導や教科指導、スクーリング指導を行うというのが基本的なコンセプトです。

 通信制高校は、一般的に3年間で卒業するのがとても困難です。これは、通信制による自学自習を基本とした学び方によるところが背景にあります。大学の通信制課程でさえ、4年間での卒業率は2割に満たないのが現状です。通信制高校も公立校などでは、3年間での卒業率は四分の一程度です。
このため、通信制高校の自学自習の仕組みとそれを教育的に補完するものとして誕生したのがサポート校です。第1号校は、1992年に東京都で開校しています。

●サポート校の主な特長

 サポート校の主な特長を整理すると次のようなものがあります。

1.通信制高校を3年間で確実に卒業できるようにする
少人数制で生徒一人ひとりに目が行き届く。レポート、スクーリング、試験の指導を行う
サポート校の近隣にスクーリング会場が置かれている場合もある

2.基本的な生活指導を受けられる
登校指導や時間管理
服装や身だしなみ、マナーなどの指導
他者への思いやりや暴力、いじめに対する指導

3.「管理」によらない自由な高校生活を過ごせる
校則はほとんどない
服装や身だしなみは自分の裁量で自由。制服(基準服)を着るのも、着ないのも自由
登校時間などが比較的ゆるやか
※ただし、全て社会的な常識の範囲内です。違法行為(未成年者の喫煙や飲酒、その他)や他人へのマナーは各校とも厳しく指導しています。

4.学習や精神面で個別的な指導が受けられる
学力が不足がちな場合、わからないところからやり直してもらえる。個別指導や習熟度別クラスもある
カウンセリングなどで悩みにこたえてもらえる。カウンセリングや相談は生徒ばかりでなく、その保護者に対しても熱心に行うところもある

5.ユニークなカリキュラムや授業を行っているところもある
ボランティア活動
企業や職場での実習
音楽や芸能、スポーツ、ITなどの実習を重点としたコース
第一線で活躍するプロの講師による授業
大学受験のための講義
専門学校などでの体験授業
専門学校やプロと共同開発したカリキュラムの制作