通信制高校のすべて

通信制高校とは
【通信制高校 相談ルーム(無料)】
通信制高校相談ルーム(無料、東京・市ヶ谷にて)ページへのリンク
おすすめの通信制高校
全国10か所の主要都市、交通至便な場所にスクーリング会場があります。
みなさんが普段使っているWEBサービスやアプリのプログラミングコードが学べます。
「Think」をキーワードにした様々なカリキュラムを揃えています。
好きな日と時間に通って、自宅学習のフォローや友達との会話で楽しく学校生活。
一人ひとりの個性と能力、ライフスタイルを尊重し、表現力豊かな魅力ある人材を育てます。
生徒の夢や目的、興味や関心に合わせて教科・科目を選択することが可能です。
レポート(課題)は最先端型学習スタイルであるオンライン学習を採用。

弊社出版物著作権侵害への
対応について
通信制高校・サポート校 合同相談会|不登校、高校中退をプラスにする学校相談会

全国で18万人以上が学んでいます

 全国にある通信制高校に学んでいる生徒の人数は、約18万8千人(2012年2月現在)います。公立と私立に通う生徒は、ほぼ半分、半分の内訳です。

広い地域から入学できる高校があります

 私立高校の中には、複数の都道府県や全国から入学できる高校もあります。このような広いエリアから入学できる高校は、各地に協力校という学校や、普段はそこに通って学習のできる施設(「学習センター」などと呼ばれます)を置いています。通信制高校サポート校と呼ばれるものも、通信制高校生が普段通って学習する施設です。

※通信制高校の本校所在地と学習拠点の関係について
 通信制高校は、法律に基づいて複数の都道府県から入学できる高校(「広域制の通信制高校」と呼ばれています)があります。

毎日、週に何日か通う高校もあります

 「通信制」と言っても、毎日登校できる通信制高校もあります。また、逆に1年のうちの1週間程度集中して高校で勉強(「集中スクーリング」と呼ばれます)すればよいという高校や、月に1回か、2回登校すればよいという高校もあります。
 例えば、毎日、学校で友達と会ったり、クラブ活動をしたり、もちろん勉強したりしたいのなら、毎日登校できるタイプの高校が向いているでしょう。また、何か普段は高校生活とは別の活動をしたいというのなら、登校する日数が少ない高校が向いているでしょう。

レポート・スクーリング・テストが学習の基本です

 通信制高校での学習は、(1)レポートを提出すること(年間50〜60本)、(2)スクーリングに出席すること(年間20〜25日)、(3)テストを受けること−、の3つの方法によって進められることになっています。それぞれの回数や日数は各教科によって決められています。基本的には、単位制の高校なので「留年」ということはあまりありません。
 先進的な通信制高校は、インターネットを積極的に活用しています。郵送だったレポートをe-mailで行ったり、ネットによる授業の配信を行ったり、さまざまな活用が行われています。